まだ中学生。

中学生のまま大人になりました。ご迷惑おかけしてます。

築地場内市場でこんなん買った①

a.keyword { border: 0 !important; text-decoration: none !important; pointer-events: none !important; cursor: default; color: #5A5A5A; }

もうすぐ移転、築地市場に行くなら今しかない!

2016年12月、年の瀬も迫る月曜日に築地場内バージンの友人Eと場内に行ってきました。平日朝8時前なのに場外市場は観光客でごった。そんな観光地には目もくれず足早に場内市場へ向かいます。

f:id:tochiru:20171223230620j:plain

正門から入ってもよし

 

f:id:tochiru:20180111173124j:plain

こっちから入ってもよし

 

 

f:id:tochiru:20180111173405j:plain

こちらがテーマパークの入口(無数にあります)


 事前に諸注意事項を説明していたにもかかわらず、いきなりターレにひかれそうになって涙目になる友人E。でも気にせずにドンドン進みます。

本日のお目当てはイカ界の注目選手『ケンサキイカ

 何を隠そう僕のお目当てはケンサキイカスルメイカヤリイカコウイカアオリイカもうまいけど、僕のお勧めはなんといってもケンサキイカ。よく地域名で「アカイカ」とか「シロイカ」とか赤白はっきりしない名前で呼ばれているのは大体ケンサキイカです。

 イカ界の王様といえば「アオリイカ」をあげる人が多いと思いますが、なにせ高い!場内でも良いものは4000円/kgなんていう驚き価格で売られたりしてます。確かにうまい、うまいけど高いぞアオリイカ!それに比べてケンサキイカはだいぶリーズナブル、それなのに食味はアオリイカとドッコイドッコイかちょい上、築地で買うならばケンサキイカに決まりなのであります。

 

 そんなこんなで今回購入したのはこちら↓島根県産のシロイカ(ケンサキイカ)。2500円/kgでした。2杯買って1500円だったので、一杯当たり約750円。吉池でもこの値段ではふつう買えませんよ、奥様!

f:id:tochiru:20180111174943j:plain

 

 

 そして帰宅。普通ならこれだけ鮮度の良いケンサキイカは刺し身にして食べるのが定番ですが、僕は玄人ぶりたいので刺し身では食べません。

自家製一夜干しを作っていくッ!

 そう、新鮮なイカは刺し身でコリコリ感を味わうのも楽しいのですが、旨味を感じるには少し置いたほうが実は良かったりするのです。今回はなんとこの高級イカをあえて一夜干しにしてみたいと考えていたのですよ、ムフフフフ。

f:id:tochiru:20180112192934j:plain

この目の透明感!

 

f:id:tochiru:20180112192945j:plain

海水と同程度の塩水に30分漬け込んで

 

f:id:tochiru:20180112193016j:plain

これが自家製一夜干しの秘密兵器『ピチット』。コンドームのオカムラ社製

 

f:id:tochiru:20180112193026j:plain

ピチットシートの上にきれいに並べて

 

f:id:tochiru:20180112193037j:plain

もう一枚のピチットシートでサンドイッチして冷蔵庫にイン!

 これで1日置いておけばあら不思議、ピチットシートがイカの水分だけを吸い取ってくれて簡易一夜干しのできあがりなのであります。

f:id:tochiru:20180112193912j:plain

ピチットシートを剥がしたところ、いっぱい出たね♪

 

f:id:tochiru:20180112193909j:plain

魚焼きオーブンで軽く炙って完成

 まぁこれだけ手間ヒマかけたので当たり前だけど、うまいですよね。市販の一夜干しが単なるゴムに感じられる程にうまい。750円でこれだけうまい高級イカの一夜干しが食べられるのも築地場内ならでは。また作ろう。


f:id:tochiru:20180112192955j:plain

一応切れ端は刺し身でも食べました。スルメイカとは格が違う旨さ。

 それではよろしくどうぞ!