まだ中学生。

中学生のまま大人になりました。ご迷惑おかけしてます。

うまいラーメン、家でも食べたい②

a.keyword { border: 0 !important; text-decoration: none !important; pointer-events: none !important; cursor: default; color: #5A5A5A; }

家でも無化調のうまいラーメンが食べたい

子供の頃から化学調味料に埋もれて育ちました。味噌汁は天然出汁より「ほんだし」の方が好きで、自分がうまいと思うラーメンには多かれ少なかれ必ず例の白い粉が入っていて、気が付いたらラーメン二郎に手を染めていました、母さんゴメン。このままでは海原雄山にどやされる恐れがあるので秋葉原大喜、浅草橋のくろ喜、三ノ輪のトイボックス化学調味料不使用の有名店を巡るものの、やはり白い粉なしのラーメンにはなぜか物足りなさを感じてしまう汚れきった僕の舌。

 

しかしついに見つけてしまったのだよ。白い粉なしでもうまい!といえる一杯を。

 

それは浅草にある『みつい』。確か2016年頃に浅草の裏路地に開店したお店で、ご主人は都立家政が本店の『七彩』で修業したそう。

 

f:id:tochiru:20180111123114j:plain

とにかくおいしゅうございました。席数が8席程度しかなく回転もあまりよくないので行列は必至ですが、是非また行きたい!こんなラーメンが並ばずに家でも食べられたらメッチャ最高だよなぁ、ポワワワワーン。

 

いまナウい無化調ラーメンといえば『七彩』

ということで『みつい』ではありませんが、修行先である『七彩』の謹製煮干しラーメンをお取り寄せ。2食入り1728円+クール便送料864円=2592円也。余談ですが、八丁堀にある七彩は麺にこだわっているらしく、なんと注文が入ってから麺を打ち出すそうな。おいしい麺の常識である『よくこねて、練って、寝かせて』を完全無視した『こねない、練らない、寝かさない』麺を出すいま注目のお店なのだそうだ。通販の麺も注文毎に手打ちする為、すぐには手に入らず。5日後に到着。

f:id:tochiru:20180111123318j:plain

 

f:id:tochiru:20180111123445j:plain

内容物は出汁パック、醤油だれ、煮干し油と麺の4種。まず始めにだしパックをお湯に7分間入れて煮干しだしを取り、丼ぶりに入れた醤油だれと謎ペーストに注いでスープの完成。麺のゆで時間は4分。

f:id:tochiru:20180111124334j:plain

作り方がちょっと複雑

 

f:id:tochiru:20180111124450j:plain

ネギ、カイワレ、かいざんのチャーシューと共に



 ビジュアルはなかなか!『みつい』のような味を期待して食べてみましたが

 

 ばかな・・・なんだか味がぼやけてる・・・だと!?確かに煮干しの香りは強いものの、何ともはっきりしないお味。それとも僕の舌が化学調味料ですでにイカれてしまってるのか!?

 

実店舗に行った事がないので何とも言えませんが、『みつい』のラーメンから期待したものとは別物でした。これで1食あたり1300円はしんどいなー。

 

 近々通勤途中にある『七彩』@八丁堀で実食して店舗の味を確かめて来ます!

 

 それではよろしくどーぞ!